お家で調理

ツボ抜きで簡単!鯵塩焼き

鯵塩焼き

鯵塩焼きは鯵を卸すことなく塩焼きが出来ます。

和食店でも鯵塩焼き時には行う『ツボ抜き』を行い、家庭の魚焼きグリルで焼きます。

鯵塩焼きは鯵を卸しません。もし鯵の三枚おろしや、お刺身を作りたい方は鯵捌き方のページに詳しく記載してありますのでそちらをご覧ください。

鯵
【板前が教えます】鯵の捌き方。写真付きで詳しく丁寧に解説鯵の水洗いから捌くまでを丁寧に写真付きで現役の板前が解説しています。鯵を捌くのは難しくありません。刺身のパックを買う前に是非一度見てください。...
鯵刺身
【板前が教えます】家で簡単にできる鯵刺身作り方家庭で鯵のお刺身に挑戦しませんか。板前が鯵の刺身を家庭で作る際のコツやポイント教えちゃいます。...

鯵塩焼き 水洗い

アジ名称

材料

・鯵 1本 ・塩

割り箸を使います。

ぜいご

鯵は一度水で洗い、両面のぜいごを包丁を使い取り除きます。

上下に包丁を動かし少しづつ進めていきます。力はいらないです、力を入れてしまうと刃が進み過ぎた時に手を切ってしまいます。

両面のぜいごが取れたら、そのまま包丁の刃先を使って、ウロコをとります。小さなウロコが取れます。

ツボ抜き

割り箸の出番です。1本の割り箸を口から入れて一度エラから出すようにエラの外側を這わせて腹まで入れます。

もう一方も同じように割り箸を入れます。

この時割り箸にエラが全て割り箸に挟まれている状態にします。

鯵 ツボ抜き

割り箸がエラの中を通っているとエラが残ってしまします。確認をしてもし、エラの中に入ってしまっている場合一回引き抜いてやり直してください。

割り箸がエラの外側を通り、腹の奥まで入りました。

鯵エラ引き出す

そのまま両方の割り箸を回すと、エラが外れる感触が分かります。

エラが外れたら、割り箸をゆっくり引き抜きます。

エラと共に腸も一緒に出てきます。もし腸が出てこなくても水洗いするので問題ないです。

流水でエラから腹まできれいに洗います。口から水を入れればある程度の物は出てきます。

中骨に血合いが付いています、これは使った割り箸でとります。鯵の背を下にして中骨に沿って割り箸をカリカリと削る様にします、後は水で流せば血合いも取り除けます。この時、力を入れて身に傷つけないように気をつけてください。

鯵塩焼き 焼く準備

水洗いしたまな板は綺麗に洗い、鯵の水気はふき取っておきます。

鯵切れ目

鯵を焼く時に火が入りやすいように、塩の味が入りやすいように、両面の皮に包丁で切れ目を3本位入れておきましょう。

あまり深く入れる必要はないです。皮だけ切る感じで大丈夫です。

鯵塩する

鯵の両面にまんべんなく、塩をします。

ちょっと多いかなと思う位で丁度良くなると思います。

飲食店では尾ヒレ、胸ヒレ、背ヒレが焦げない様、見栄えが良くなるように化粧塩をします。化粧塩は少し手で水にぬらして塩を塗ります。

これは焼き台で串を打って焼く時に効果的です。家の魚焼きグリルで焼く時は、鯵を網に置いて焼くので塩が取れてしまうので必要はありません。もし尾ヒレ、胸ヒレが焦げるのが嫌な方はアルミホイルを巻いて焼いてください。

飲食店ではダメですが、家庭で焼く分には多少焦げている方が美味しそうに見えたりもします。

鯵塩焼き 盛り付け

鯵を魚焼きグリルに入れ中火で5分弱で片面焼けます。両面焼いたら出来上がりです

鯵塩焼き

卸したての大根おろしをたっぷり添えて完成です。

慣れてしまうと非常に短時間で出来てしまいます。

大根おろし効果
大根おろし効果、おろす方が健康に良い!?焼き魚に大根おろし。当たり前の組み合わせですが、これは美味しいだけではなかったのです。大根おろしの驚くべき効果とは!?...

大根おろしの為に大根買うと、大根余ってしまいますよね。そんな時大根を美味しく、大量に消費できる『手羽元大根』も紹介しております、これで割高な半分の大根でなく1本の大根が買えます!

手羽元大根
大根の芯まで味がしみ込んだ手羽元大根の作り方大根の芯まで味が染みている手羽元大根の作り方。大根戻し方、炊き時間など詳細に解説しています。...