お家で調理

フライドポテトを使った料理『ロモサルタード』を作ってみた!

ロモサルタード

今回は和食ではありません。ペルー料理の『ロモサルタード』の作り方です。

来客がある時、酒や食事を用意します。その時に保険で冷凍のフライドポテトを冷凍庫に入れておくことがあります。そして使わずに終わる事が多いです。

普通に食べればいいのですが、心配性で大パックで買ってしまい、余ります。そんな時に出会った料理がロモサルタードです。このフライドポテトも消費でき非常に美味しいです。

本場のものを食べたこと無いです。本で見て何度か作ってるうちに、日本人好みのロモサルタードが作れましたので今回紹介させて頂きます。

ロモサルタードはペルーの家庭料理で牛肉とフライドポテト、トマトの炒め物です。

世界のトマト料理
世界のトマト料理。新しいトマト料理のレパートリー増やしませんか?トマトは利用することは多いと思います。健康に良いトマトですが毎日食べるとなるとバリエーションが・・・そんな時に世界のトマト料理から学んでみませんか。...

ロモサルタード作り方

ロモサルタード材料

材料 (2人前)

・牛ヒレ肉 150g ・冷凍フライドポテト 200g ・トマト 1個

・タマネギ 1個 ・ピーマン 2個 ・ニンニク 2かけ

調味料

(肉付けるスパイス)

・オレガノ ・クミン ・コリアンダー ・塩 ・胡椒 少々

(味付け)

・酒 15㏄ ・濃口醤油15㏄ ・酢15㏄

牛ヒレカット

牛ヒレ肉を棒状にカットして、ボールに入れて、オレガノ、クミン、コリアンダー、塩、胡椒を少々。

全てのスパイス1g以下です。

肉とスパイスを揉み味をしみ込ませます。

トマトカット

次は野菜のカットです。野菜は一度洗ってから使います。

ニンニクはスライスし、トマトはヘタを取り、半分にして5等分にカット。

タマネギカット

ピーマンは種を抜き、タマネギは芯を取り、大きめにカットします。

素揚げしてしまうので少々大き目で問題ありません。

肉、野菜の下処理が終わりました。次はガス台で揚げる、炒める作業です。

フライドポテト

フライドポテトを油で揚げます。

油の温度は少々高め170℃位です。

油に入れ3分程でキツネ色になりますので、油からあげます。

素揚げ

本来タマネギは炒めるようですが、油が温まっているのでピーマンと共に素揚げしてしまいます。

サッと15秒位で揚がります。

揚げ物も終わりましたので、ここでガス台を揚げ鍋から、フライパンに変えます。後は炒めるだけです。もう少しでロモサルタードの完成です。

ロモサルタード 炒める

フライパンに少量の油を引き、ニンニクのスライスを炒めます。

ニンニクの香りがたってきたら、味付けした牛ヒレ肉を入れ炒め、少し肉が色が付いたら、調味料を入れます。酒 15㏄、濃口醤油15㏄、酢15㏄

揚げた材料を全て入れ、サッと炒めます。ここで味見をしてください、味が薄いと感じる方はここで足してください。

ロモサルタード盛り付け

盛り付けていきましょう。本場はワンプレートで盛るようです。それに習いワンプレートとで盛ります。

粉パセリなどあればご飯の上にかけるのも良いです。

味見をしすぎたせいでしょうか。少し味変したくなりました。

確か・・・冷蔵庫に半塾玉子が!・・・ありませんでした。急遽目玉焼きを焼き完成です。

トロットロ半塾玉子作り方
黄身トロトロ半熟卵作り方家で簡単に作れるトロトロ半熟卵作り方を紹介しています。煮物にのせても、前菜にしても、どんぶりにのせても何にしても旨い半熟卵が作れます。...
ロモサルタード

フライドポテトや野菜を揚げているのですが、油っぽさを感じることはありません。トマトと酢の酸味がさっぱりしてくれます。またニンニクの香りと肉のスパイスが食欲をそそる香りがしていて、ご飯が進みます。

トマトの歴史が日本より長い国の料理を学ぶことが出来ました。是非皆様試してみてください。

トマト歴史
トマト歴史『悪魔の実』と呼ばれた過去今では食卓に普通に並ぶトマトですが悪魔の実と言われ恐れられていた時代もあります。なぜトマトはその様な時代を経て現在人気の野菜になったのでしょう。トマト歴史を細かに解説します。リンカーントマト暗殺未遂、トマト裁判についても記載あり...